今では、海外ドラマはテレビやレンタルショップで気軽に楽しめるようになりました。

海外ドラマと言えば、やはりアメリカなのではないでしょうか。

ここで、長く続いている人気サスペンスドラマ「24」をご紹介したいと思います。

「24」というタイトルは、1日24時間の事を指しています。

このドラマは、1日24時間以内に起こった出来事を1話が1時間として進んでいき24話で終わるという、リアルタイムに進行していく今までになかった形式のドラマです。

2001年からアメリカで放映され、日本ではシーズン6まで放映されています。

以下に、シーズン1について少しご紹介します。

シーズン1「大統領候補暗殺計画」午前0時~翌午前0時のストーリー

アメリカ合衆国カルフォルニア州で行われる大統領予備選挙当日の深夜0時過ぎ、CTU(アメリカ合衆国テロ対策ユニット)所属の捜査官ジャック・バウアーに非常召集命令が出ます。

アメリカ初の黒人大統領候補であるデイビッド・パーマー議員が24時間以内に暗殺されるという情報が入ったためです。

しかも上司からCTUの内部に内通者がいる事を告げられ、ジャックは単独で捜査を始めます。

一方その頃、ジャックの家では高校生の娘キムがこっそり夜遊びに出かけ、キムを探していた妻のテリーと共にパーマー議員の暗殺グループに誘拐されてしまいます。

パーマー議員を守らなければいけない立場のジャックが、逆に暗殺犯に妻と娘を殺すと脅迫されてしまいます。

果たして、ジャックはパーマー議員と家族を守れるのでしょうか?

リアルタイムで話が進んでいくので、毎回が手に汗握るサスペンスドラマだと言えるでしょう。

アメリカでも根強い人気の海外ドラマです。