犬を飼い始めたらまず考えて欲しいのが「しつけ」です。

きちんと「しつけ」をして犬と一緒に快適で楽しく暮らせたら言うことはありません。

ここでいう「しつけ」と言うのは犬が悪いことをした時にただ叱って言うことを聞かせるような物ではなく、ダメなものはダメと言い、それができたら誉めてあげるというしつけです。

このやり方により、しつければしつけるほど犬は元気に明るく、飼い主との信頼関係も深くなり、飼い主も犬もお互いが幸せになっていくと思います。

犬が飼い主のところで幸せに暮らしていけるようになること、すなわち犬が幸せになるための「しつけ」が必要なのです。

ではどういうしつけをしたら幸せになっていけるのでしょうか?例を少しご紹介してみたいと思います。

犬のしつけ

・犬とたくさん遊んであげることが大切です。
犬は遊んであげることで人間とのコミュニケーションの取り方を学んでいきます。
愛情を込めて遊んであげることで犬側も愛情をもらえるような遊び方を自然と身につけていくと思います

・経験をさせましょう。
犬は自分が経験したことがないことだと、自分の安全を守るために攻撃的になる場合があります。
しかし、経験があると怖い思いをしないので安全に過ごすことができます。
ですから色々な経験をさせてあげることも大切だと思います。

・犬の身体にたくさん触れて、安全に暮らせるようにしましょう。
身体に人間の手が触れると言うことは心地よいということを犬に認識させましょう。

犬との幸せな生活のためのしつけとしては、『森田誠の犬のしつけ法』が効果が高いと有名です。