ジャズダンスとはどんなダンスでしょう?

ジャズの曲で踊るダンス?とイメージする人は多いでしょう。
もともとジャズダンスとは、アフリカの黒人によって踊られていたダンスです。

20世紀最初にジャズの音楽が発生し、それと同じ時期に発生した踊りです。
フランスの影響を受けているため、バレエにも若干似ています。

しかし、その後、ジャズの音楽の定義も広くなり、ジャズダンスのほうも、ミュージカル風、ヒップホップ系、ブレイクダンス系、ストリート系、フファンキージャズ、ジャズバレエ等、さまざまなものがジャズダンスと呼ばれるようになりました。

ブロードウェイミュージカルや、宝塚でも踊られています。
テーマパークや、テレビの歌手と共に踊っているものもそうです。

こうなって来ると、いったいどんなものがジャズダンスなのか分からないと言う人が出て来るでしょう。

実際、ジャズダンスをやっている人達であっても、その定義をきちんと説明できる人は少ないと言われます。

もともとのジャズダンスからどんどんと派生して、その形をとどめず今も発展しているダンスと言ってもいいでしょう。

現在のジャズダンスをかなり大きく定義するのであれば、舞台やテレビなどで踊られるステージダンスで、エンターテイメント要素が大きいため、いろんなジャンルのダンスを取り入れて、ショーとして楽しませるためのダンス全般をひっくるめてジャズダンスと呼ぶ、ということでしょうか。

言ってみれば、ジャズダンスを習うとしても、それぞれの教室や流派、先生で、踊りは全く異なってしまうというわけです。

ジャズダンス初心者の方も、ジャズダンスの上達を目指している方も、まずは自分が踊りたいイメージを頭に思い描いて、それに一番近いダンスを踊っている教室等を探すとよいでしょう。

自分の目指すジャズダンスと違う教室でいくら踊っていても、その上達は阻まれてしまうことでしょう。

ジャズダンスを踊るためには、まずさまざまなジャズダンスを知ること、それが一番最初にすべきことでしょう。